ポン・デュ・ガールは、南仏プロヴァンスの代表的な世界遺産。

ポンデュガールIMG_0024_1024

約2000年前のローマ帝国時期の水道橋跡。

約50Kmにわたる水路を整備した中の一部分がこの橋になり、水を通していたのは、上部小さなアーチの上が水路。時期によっては、係員とともに、この中を一緒に歩いていくことができます。

高さ約49m、現在残る上部の長さが約240m。

ポン・デュ・ガールのオフィシャルサイト

http://www.pontdugard.fr/en

 

※アヴィニヨンやニームからバスは出ているようですが、ポン・デュ・ガールの施設前までではなく、10分ぐらい離れたところがバス停で、おそらく本数も少ないです。現地にて各観光局での確認をおすすめします。