プロヴァンスマップ > プロヴァンスマップ一覧

プロヴァンスマップ一覧

  • プロヴァンスの古都、噴水の町、画家セザンヌ(1839 - 1906)の故郷。 エクスアンプロヴァンス旧市街は、毎日午前中にはマルシェが開かれ、程よくお店が揃い、ところどころに噴水が設けられ、ぶらりと街歩きするのにちょうどいいところ。 プロヴァンス滞在の拠点にできる町です。 &nbs...
    詳しくはこちら
  • マルセイユのホテルで、マルセイユ駅前にあり、数年前からオープンしているホテル。 ホリデイ・イン エクスプレス マルセイユ・サン・シャルル マルセイユ空港からマルセイユ駅までバスで約30分、そこからホテルまで徒歩5分もしないので便利。 ホリデイ・イン エクスプレスなので、 IN...
    詳しくはこちら
    テーマ別:
  • プロヴァンス代表都市でもあるマルセイユのシンボル的存在の教会、 ノートルダム・ドュ・ラ・ガルド Notre Dame de la Garde   ノートルダム・ドュ・ラ・ガルドの教会建築や内装モザイク画も素晴らしいのですが、なんといってもここからの、地中海とマルセイユの町...
    詳しくはこちら
  • マグラダラのマリアが、晩年30年間ほど、瞑想をして過ごした洞窟。洞窟内で、ところどころ水のしたたる音が、神聖でもあり、どことなく寂しさを感じさせる。 マグダラのマリアは、フランス語だと、Sainte Marie Madeleine(サント・マリー・マドレーヌ)。 いま現在も、洞窟内でのミ...
    詳しくはこちら
  • レ・ボー・ド・プロヴァンスは、フランスで最も美しい村々に認定されている町のひとつでもあり、フランス人たちにも人気なプロヴァンスの町ののひとつです。 かつてボー一族が栄華をはなった高台の城塞も、今は廃墟化した壁が一部残るのみ。ゴツゴツとした石灰岩のアルピーユ山脈が見渡せるなかに、岩山から...
    詳しくはこちら
  • アヴィニヨンは、14世紀にローマ・カトリックの教皇たちが一時的に滞在していた町で、プロヴァンスでは珍しいゴシック建築の建物、教皇庁が見られます。現在の教皇庁は宗教施設ではないので、見学ができ、7月のアヴィニヨン演劇祭のメイン舞台として使用されるなど、文化施設的な役割もしています。 アヴ...
    詳しくはこちら
  • マルセイユ・サン・シャルル駅、通称マルセイユ駅は、1848年からの施設。 現在は、在来線、TGV(新幹線)が乗り入れ。   【PR】パリからマルセイユまでのチケットを購入 ヨーロッパ鉄道のチケット販売   マルセイユ駅には、高速バスセンター...
    詳しくはこちら

Booking.com

RSS

検索

Booking.com